遺族の遺品整理を軽減させるための生前整理

遺品整理は、残された遺族が故人が暮らしていた家1軒分の全ての家財道具等を処分する必要がある為、非常に大変なさ作業となります。
遺族が行うこの遺品整理を少しでも軽減させるために、終活の一環として生前整理を行う方が増えています。収納や押し入れに仕舞い込み、使う可能性の少ないものを処分して、生活に必要な最低限のものを残してその後をシンプルに暮らすようにするのが生前整理の目的です。
徹底した断捨離を行う事とも言えます。生前整理においても不要な家具家電等、自力で処分できない場合は、遺品整理を行う業者に依頼して助けてもらう方法をとれば良いでしょう。
家財道具等の不要な品物を徹底的に処分すると共に、合わせて生前整理の一環として行っておくと遺族の負担を軽減できるものとして、相続に纏わる配慮も大切です。
分散して多くの金融機関に預けている預貯金を、2つ程度の口座にまとめておく事も大切です。またその通帳と印鑑、そして不動産の権利証や重要な書類をまとめて保管したり、貸金庫にまとめて預ける等の方法をとり、その旨を相続者の一人に伝えておくか、遺言書として残しておくと、遺品整理を行う際に、非常に楽になります。こうした視点も生前整理時に忘れずに行っておくのがお勧めです。