生前整理を行う意味について

最近では自身の死後に相続人の間で無用なトラブルを回避するために生前整理を行う人が増えています。今回は生前整理を行う意味について紹介したいと思います。

・生前整理とは?
生前整理は名前の通り本人が存命中に、身の回りの関係性や財産について取り纏めておくことです。
生前整理の例としては遺言書の作成や、財産目録の作成。債権債務の整理、財産の処分といったものがあります。

・生前整理を行う意味
1・相続トラブルの回避
複数の相続人が居る状態で遺言も無く亡くなってしまうと、原則として民法に規定された法定相続分に従って遺産の分割が行われます。しかし、遺産の中に不動産のような分割することが難しい財産が有る場合には相続トラブルに発展することは珍しくありません。

2・手続きの簡素化
財産の移転は本人が居れば比較的容易に行えますが、亡くなった後に行う場合には遺産分割協議書や相続人全員分の戸籍謄本、印鑑証明などが必要になるなど手続きが複雑になります。この手続きを簡素化するために生前整理を行う場合があります。

3・財産の不適切な処分の予防
財産の中にはコレクターズアイテムのような同じ趣味の人にしか価値が分らない財産があります。もしも家族の中に価値が分かる人が居なければ、最悪の場合にはゴミとして捨てられる危険性もあります。そのようなコレクターズアイテムを価値が分かる人に譲り渡すために生前整理を行う場合があります。