生前整理は早いうちに一気にすると良い

先日父が亡くなり、寝屋川で静かな家族葬を終えました。

私の父は、70歳を超えた辺りから身の回りの整理を始めていました。主に処分しなければならないのは、本でした。父の部屋にある本棚4つの他に、続きの小さな部屋は天井から床まで三方が棚になっており、そこにも本がぎっしり詰まっていました。

これらを古本屋さんに来てもらい、売れる物はどんどん売って行きました。
でも、父の部屋の本はあまり減ったようには見えませんでした。

それが、一気に進んだのは、これから年を取って私達子供に迷惑を掛けたくないと、10年以上に亘って老人ホームを見てきた結果、納得出来る所が見つかった時からです。

もう家に戻ることもないし、ホームに持って行く物には限りがあります。
特に物を捨てたがらない父の部屋の整理は、半分父の承諾を得ながら、半分は何も聞かずに私が捨ててしまいました。
戦前どころか、大正時代からある物等、この先使うことなど絶対にあり得ません。それが、父にとってどんなに懐かしい物であろうと、使うことは無いのです。

それまでは家の整理、として行っていましたが、今度は家を出て行かなければならず、しかも期限が決まっていますから否が応でも整理=捨てるしかありません。

このように、ホームに入る時は絶好の生前整理のチャンスです。
結局引っ越し代20何万円に対し、家に残った物総てを処分会社に頼んだ方は60万円掛かりました。
古い物を「いつか使う」と思って取っておくと、このような無駄とも言える大金が掛かってしまいます。

また、年をとってもそのまま家にいる方も多いでしょう。
その場合も、3年か5年間使わなかった物は捨てるようにすると、意外と不便は感じません。それだけの期間一度も使わなかった物は、その後も納戸のこやしで終わることが殆どです。

残った子供達が処分に困らないように、寝た切りや身体が不自由になる前に、物を少なくしていくのが一番です。
私は現在50代半ばですが、今から物入れの中の使っていない物を捨て始めています。

子供達が独立したら、生前整理を始めることを考え始めるのが良いと思います。