生前整理を考えてみませんか?

「終活」が提唱され、最近ではすっかり定着しました。
「終活」とは、自分の死を迎えた際、松原で自分らしい葬儀をしてほしい、粉骨してペンダントにしてほしいという希望や、家族に伝えておくべきこと、埋葬のことなどを整理することですね。
そこで、「終活」の一環として、「生前整理」を考えてみませんか。「生前整理」とは、生前に、ご自分の所有しているものを整理把握すること、不要な物を処分することです。
人の一生を整理するのは、とても大変です。物や土地などの目に見えるものだけでなく、記憶や感情もこめられているからです。
自分が死んだ後に、遺品を整理する人は、一大事業ともいえる程の膨大な量に取り組まなければなりません。
遺品を整理してくれるのは、主に家族でしょう。彼らに大きな負担をかけずにすむよう、体力と気力があるうちに、身の回りを整理してみませんか。例えば施設に入居する際には、所有品の整理をし、不用品を処分しなければなりません。施設に入居しなくても、身の回りをすっきりさせた老後を過ごすのは、気分がよいのではないでしょうか。
また「生前整理」は、自分の一生を振り返り、整理する取り組みでもあります。
過去の思いがこもった物を、思い切ることは難しいかもしれませんが、あの世には持っていけません。また、遺族には必要ない物も多いでしょう。過去は思い出として、人々の胸に刻まれるものです。物を処分したとしても、思い出は残ることでしょう。
極力、遺族に負担の掛からないよう、整理することは、「生前整理」の目的の大きな一つです。

今では20代、30代の人でも、生前整理を始める人がいるそうです。生前整理に始め時はありません。思い立ったら、実行してみてはいかがでしょうか。