生前贈与をしておくべき理由

生前贈与というのは、亡くなってから遺産を相続するのではなく生きているうちに自分の財産を贈与しておく事です。
結局同じ人に渡すなら、生前贈与なんてしなくても良いのではないかと思うかもしれません。
しかし、生前贈与をしておかないと相続財産が多くて相続人に相続税の負担を強いる可能性があるのは覚えておきましょう。

相続税は現金で納める事が原則ですが、相続したのが不動産だったり土地の場合には現金を用意するのが大変です。
被相続人が生前贈与しておく事で、基礎控除額より少ない相続財産となれば相続税の申告や納付の必要がないので非常に助かることでしょう。

生前贈与は自分のためではなく相続人のためなのです。
さらに、相続人ではない人に財産を相続させたいと思うなら、生前贈与ならば簡単です。
誰に何をあげるとしても親族などから何やかや言われる心配もありません。
遺言書でも相続人以外に財産を渡すことは可能とはいえ、生前贈与した方が手続きも楽なのです。