事前の終活で相続問題を解決したり、エンディングノートを作ろう。

世界一の長寿国、日本。

男女の平均寿命は83.7歳と世界でもトップクラスの長生きを誇る日本ですが、老齢に達した頃から考えておきたいのが「終活」と「相続問題」です。

終活とは自分の死を意識して、終わりに向けた準備をして、残された家族やペットのこと、遺産問題などの対策をすることです。

終活をするメリットは色々とあります。

「残された家族を安心させる事が出来る」

「相続争いが起きないように、自分の財産をしっかりと把握して財産の分与を事前に書き留めておく」

他にも自分自身にとってもメリットはあります。

それはこれまでの人生を振り返り、自分の人生とは何だったのか、自分は何のために生きてきたのかを考えて、気持ちの整理を付けることが出来ます。

終活にはエンディングノートと呼ばれるものがあります。

エンディングノートとは人生の最後に自分の思いを自由に綴れるノートです。

遺言書や遺書などと混同されてしまうかも知れませんが微妙に違います。

遺言書は遺産の財産分与などが記された法的効力のあるものです。

遺書は自分の気持ちを特定の相手に綴った法的効力のないものです。

エンディングノートはそれらと違い、自分がして欲しいことや感謝の言葉や思いなどを自由に綴れることが出来ます。

例えば自分が思い描いている理想の葬儀であったり、病気をしてしまった場合延命治療を希望するかや、介護の時にしてほしいスタイルや、自分のお墓についてなど何でも構いません。

終活というのは周りの為だけではなく、自分自身にとっても人生の集大成となる大切な事です。

是非とも自分の気持ちや家族や大切な人の為に終活をしてみましょう。